「バリ得こだま」が安い!料金重視ならこれ!

大阪~福岡の新幹線が安くなる「バリ得こだま」とは?

東海道新幹線には「こだま」限定で格安な「ぷらっとこだま」というチケットがあります。
これと同じように、山陽新幹線でも「こだま」限定(一部ひかり)で格安なチケットを購入することができます。

それが、「バリ得こだま・ひかり号」。
利用できる区間は「ぷらっとこだま」ほど多くはありませんが、料金は間違いなくお得!
ここでは、この「バリ得こだま」について詳しくご紹介しましょう!

区間と料金

バリ得こだまをネット予約できる区間は、新大阪・新神戸・西明石・姫路~小倉・博多。
この区間で片道でも往復でも1人から購入可能です。
新大阪~博多は普通車指定席7,200円、ひかりグリーン車7,700円です。
時期によって料金が変わることがありますが、大阪~福岡の新幹線はこれが最も安いです。

列車・座席

バリ得こだまで乗れる列車は決められており、一部の「ひかり」と「こだま」のみ。
「こだま」でも全列車を選択できるわけではありません。
座席は普通車指定席が基本ですが、「ひかり」のグリーン車を選択することもでき、片道500円しかアップしないのでお得です。

予約・購入方法と支払い方法

「バリ得こだま」はネットまたは店舗で予約・購入することができます。
ネット予約の場合、予約できるのは1ヶ月前から3日前の15時まで。
店舗で購入する場合は、空席があれば前日まで購入可能です。
支払いはネット予約の場合はクレジットカードのみ可能です。

使い方は?

このチケットは予約・購入した時点で座席が決められます。
チケットには指定された列車・座席の番号が記載されていますので、そのチケットで改札を指定の列車・座席に乗ります。

空き状況を調べるには?

新幹線の空席状況は「サイバーステーション」で調べることができます。
しかし、列車・座席限定の「バリ得こだま」だけの空席状況を調べることはできません。

 

「バリ得こだま」を使うときの注意点とは?

安い新幹線のチケットには、必ず通常きっぷとは違うルールや制限があります。
「バリ得こだま」も例外ではありませんので、利用前に知っておきたい注意点をご紹介しましょう。
列車・座席は限定
安い新幹線チケットは必ず列車と座席が限定されています。
バリ得こだまで利用できる列車は限定されていますが、座席数も限定されています。
新幹線に空席があっても、販売状況によっては購入できないこともあります
変更不可
一度予約した列車は変更することができません。
どうしても変更する必要がある場合は、一度払い戻しをして再度購入します。
その際、払い戻す日によっては取消料がかかる場合もあります。
乗り遅れ時には…
指定した列車に乗り遅れた場合、後続列車の自由席にも乗ることはできません。
この場合、改めてチケットを買い直す必要があります。
座席番号の指定不可
エクスプレス予約などとは違い、座席の番号を指定することができません。
座席は予約した時に決められた座席を利用しなければなりません。
当日の購入は不可
バリ得こだまは事前の予約・購入が必要です。
店舗またはネットで事前に購入することはできますが、当日には店舗でも購入することはできません。
年末年始・GW・お盆
バリ得こだまは3ヶ月ごとくらいの期間で販売され、料金が変わることもあります。
しかし、年末年始・GW・お盆には同じ料金で利用することはできません。
これらの期間中には別の料金で販売されていますが、それでも料金は安いです。

 

「バリ得こだま」はどれほど安いのか?

一部の「こだま・ひかり」限定で山陽新幹線に安く乗れる「バリ得こだま」。
料金は本当に他の方法と比べても安いのか?

エクスプレス予約も安い!

エクスプレス予約会員の方は、エクスプレス予約で「こだま」にも安く乗ることができます。
しかし、新大阪~博多間で最も安い「EXファミリー早特」(のぞみ)でも11,000円。
料金だけなら7,200円のバリ得こだまには勝てません。

「こだまスーパー早特きっぷ」より安い!

同じく新大阪~博多で「こだま」に安く乗れる「こだまスーパー早特きっぷ」。
このきっぷの料金は8,500円なので、バリ得こだまの方が安いです。

新幹線ホテルパックなら同じ!

新幹線ホテルパックの料金から宿泊費を引くと、「こだま」利用パックの新幹線料金はほぼ「バリ得こだま」と同じです。
しかし、新幹線ホテルパックでは「のぞみ」に格安に乗ることができます。
「こだま」という選択肢もありますが、「のぞみ」を利用しても最安値なのでお得感があります。

 

「バリ得こだま」のお得な使い方は?

「バリ得こだま」では、普通車指定席の他、「ひかり」のグリーン車を利用することができます。
利用できる「ひかり」は少ないですが、料金は500円アップの7,700円とお得!

しかも、新大阪~博多間なら「こだま」の所要時間は約4時間10分です。
それに対して、バリ得こだまで利用できる「ひかり」の所要時間は約3時間30分。
博多から大阪へ行く上りの「ひかり」は2時間40分です。

この所要時間の差とグリーン車に500円アップで乗れることを考えると、「バリ得こだま」で最もお得なのは「ひかりのグリーン車」。
大阪を早朝に出発し、博多を夜に出発すれば日帰りも可能です。

バリ得こだまのチケットは片道でも購入できるので、LCCと片道ずつ組み合わせて使っても格安です!
大阪~福岡で「バリ得こだま・ひかり号」を利用するなら、「ひかりのグリーン車」がお得です!

 

関連記事

NO IMAGE

大阪~福岡は新幹線の学割料金がもっと安くなる!

NO IMAGE

往復割引を大阪~福岡の新幹線で使うとお得?

NO IMAGE

eきっぷ・e特急券のお得な使い方とは?

NO IMAGE

スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷが格安

回数券・金券ショップの格安チケットはお得?

NO IMAGE

新大阪~博多でスマートEXを利用した時の料金は?