スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷが格安

スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷとは?

山陽新幹線の新大阪~博多間はいくつかの方法で料金が安くなります。
その一つが、「スーパー早特きっぷ」と「こだまスーパー早特きっぷ」。

このスーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷとはどのようなきっぷなのか?
また、どうすれば購入できるのか?料金や注意点は?

スーパー早特きっぷとは?

スーパー早特きっぷとは、JR西日本ネット予約「e5489」から購入できる早割きっぷ。
J-WESTネット会員に登録し、14日前までに予約することで利用することができます。
ネット予約ながら、支払いはクレジットカードに限らず、コンビニ決済や振込も可能。
予約したチケットは駅の券売機やみどりの窓口で受け取ります。
同じ名称のきっぷをJR九州インターネット列車予約から購入することもできます。

利用できる区間は?

設定区間は、新大阪・新神戸~小倉・博多の他、熊本・鹿児島中央・長崎・大分など。
大阪~福岡の新幹線移動時に利用することができます。

料金は?

新大阪~博多の片道料金は10,290円
「のぞみ」通常料金が15,310円なので、片道5,000円以上お得です。

購入期限は?

乗車日の1ヶ月前10時から14日前までの購入が条件。
これ以外の期間中には購入することができず、購入後には変更もできません。

参考:スーパー早特きっぷ(公式)

 

こだまスーパー早特きっぷ

スーパー早特きっぷと同じくe5489からJ-WESTネット会員登録後に購入できる早割。
スーパー早特きっぷは「のぞみ・みずほ・さくら」を利用することもできますが、こだまスーパー早特きっぷは「こだま」限定。

利用できる区間は?

新大阪・新神戸~小倉・博多のみで、直通の「こだま」を利用します。

料金は?

新大阪~博多の片道料金は8,500円
「こだま」通常料金15,000円よりも6,500円お得です。

購入期限は?

購入期限は同じで乗車日の1ヶ月前10時から14日前まで。

参考:こだまスーパー早特きっぷ(公式)

 

この2つのきっぷの違いは利用できる列車と料金のみ。
片道10,290円で「のぞみ・みずほ・さくら」に乗るか?8,500円で「こだま」に乗るか?
所要時間は「のぞみ・みずほ・さくら」が2時間30分、「こだま」は約4時間です。

 

スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷの注意点

大阪~福岡でスーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷを利用すると確かに安いです。
しかし、この格安きっぷ利用時にはいくつか注意点がありますのでご紹介しましょう!
ネット限定で期間限定
スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷは、どちらも購入はネット限定。
駅の窓口等では購入できず、e5489から会員に登録して購入しなければなりません。
また、購入期間も1ヶ月前から14日前までの期間のみで、これ以外は購入できません。
変更不可
一度購入したきっぷは変更することができません。
乗車日・列車・座席など全て変更はできず、変更の必要がある時は払い戻しをします。
この払い戻しには手数料がかかります。
利用上の制限
新幹線に乗車した後、途中の駅で下車し再度そのきっぷで乗車することはできません。
また、スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷは指定した列車に乗り遅れても後続列車には自由席にも乗ることはできず、改めて特急券を購入する必要があります。
往復とも購入できるとは限らない
スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷは席数が限定されています。
往復とも購入できれば安いですが、必ずしも往復分を購入できるとは限りません。
料金は最安値ではない
スーパー早特きっぷの新大阪~博多間片道10,290円は確かに安いです。
しかし、往復+宿泊の新幹線旅行時には、スーパー早特きっぷよりも新幹線ホテルパックの方が安いです。
また、こだまを利用するなら、こだまスーパー早特きっぷよりも「バリ得こだま・ひかり号」の方が安いです。

スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷより安いのは?

新大阪~博多ではスーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷを使うと安いです。
しかし、これよりも安い方法がありますのでご紹介しましょう。

バリ得ひかり・こだま

日本旅行が販売する「バリ得ひかり・こだま」。
こだまスーパー早特きっぷと同じく新大阪~博多で片道から購入できる格安チケット。
乗車できるのは一部のひかり・こだまの普通車指定席。
料金は片道7,200円~7,300円とこだまスーパー早特きっぷの8,500円よりさらに格安!
こだまスーパー早特きっぷは14日前までに購入しなければなりませんが、「バリ得ひかり・こだま」はネットで3日前まで予約可能です。

 

新幹線ホテルパック

宿泊する新幹線旅行や出張なら、「のぞみ・みずほ・さくら」に格安に乗れるスーパー早特きっぷよりさらに安いのが新幹線ホテルパック
スーパー早特きっぷで往復し1泊5,500円で宿泊すると、往復・1泊26,080円かかります。
しかし、これを新幹線ホテルパックで予約すると1人25,900円。
さらに、これを2人で予約すると1人23,900円なので、スーパー早特きっぷを使うよりお得です。
しかも、スーパー早特きっぷは14日前までに予約が必要ですが、新幹線パックは3日前まで予約可能です。

 

このように、スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷは確かに安いです。
しかし、大阪~福岡の移動時には他にも安い方法がありますので、必ず料金を比較してからきっぷを購入しましょう!

 

関連記事

NO IMAGE

エクスプレス予約を使うならJ-WESTカードで!

NO IMAGE

新大阪~博多でスマートEXを利用した時の料金は?

NO IMAGE

「バリ得こだま」が安い!料金重視ならこれ!

NO IMAGE

eきっぷ・e特急券のお得な使い方とは?

回数券・金券ショップの格安チケットはお得?

NO IMAGE

大阪~福岡の自由席料金と自由席のメリット