エクスプレス予約を使うならJ-WESTカードで!

大阪~福岡の新幹線で使えるエクスプレス予約とは?

新大阪~博多の山陽新幹線にはエクスプレス予約を利用して安く乗ることができます。
このエクスプレス予約とはどんなサービスなのか?
まずは、簡単にご紹介しましょう。

エクスプレス予約とは?

エクスプレス予約とは、割引料金で新幹線の座席予約ができる会員限定サービス。
専用のクレジットカードが必要で、会員本人から同伴者まで料金が安くなります。
パソコンやスマホから乗りたい列車と座席を指定し、そのまま予約することができますので、乗車前に駅の窓口に並んできっぷを購入する必要はありません。

 

このエクスプレス予約は、どの路線で利用することができ、どんな準備が必要なのか?

 

エクスプレス予約で予約できる新幹線は?

このエクスプレス予約で予約できるのは、東海道・山陽新幹線に限られます。
新幹線以外の在来線特急などは予約することができず、九州新幹線など他の新幹線も予約することはできません。

 

エクスプレス予約を利用するには?

エクスプレス予約を利用するには、エクスプレスカードまたはJ-WESTカードが必要です。
このどちらかのクレジットカードを作成し会員登録すると、専用のICカードが届きます。
会員本人のみであれば、このICカードを使って乗車し、同伴者がいる時にはきっぷを発券して一緒に乗車することができます。

 

予約~乗車まで

ICカードが届いたら、パソコンやスマホで専用サイトにログインします。
利用したい区間と時間帯を選んで列車を探します。
その列車の空席をシートマップで確認することができますので、好きな座席を予約します。
ICカードを利用する際は、新幹線のかいさつを通ると座席番号の記載されたチケットが出てきますので、これを持って指定した列車に乗車します。
また、2名以上で利用する時には、ICカードは利用せず、専用の発券機できっぷを受け取り乗車します。

 

 

このように、エクスプレス予約には事前の会員登録と専用クレジットカードは必要ですが、利用方法はいたって簡単です。
しかも、駅の窓口や券売機できっぷを購入するより料金は格安です!

 

大阪~福岡ならJ-WESTカードがお得!

ところで、エクスプレス予約の利用には専用のクレジットカードが必要です。
このカードは、エクスプレスカードまたはJ-WESTカードに限られ、どちらかのカードを持っていなければ、エクスプレス予約を利用することはできません。

 

この2つのカードの内、新規で作るならJ-WESTカードがおすすめです!
その理由を2つご紹介しましょう。
大阪~福岡なら安いきっぷが買える
新大阪~博多では、スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷという2つの格安きっぷを購入することができます。
この格安きっぷの購入には、e5489からJ-WESTネット会員に登録しなければなりません。
エクスプレスカードを利用する時は、別途登録手続きが必要ですが、J-WESTカードを利用する時にはスムーズに利用することができます。

予約できる範囲が広い
エクスプレス予約では、東海道・山陽新幹線しか予約ができません。
エクスプレスカードを使うと、予約範囲は東海道・山陽新幹線に限定されてしまいます。
ところが、J-WESTカードを使い、e5489からネット予約できる列車は範囲が広がります。
例えば、e5489からは北陸新幹線も予約することができます。
この北陸新幹線のきっぷの内、最も安い「e早特1」の購入にはJ-WESTカードが必要です。
また、在来線特急や新幹線から乗り継ぐ在来線の予約も可能です。

 

エクスプレスカードとJ-WESTカードにはこのような違いがあります。
カードの年会費も同じなので、大阪から福岡の間に住んでいる方であれば、間違いなくJ-WESTカードがおすすめです。

では、このエクスプレス予約では、どんな商品を利用することができるのか?
そして、どんな予約の仕方がお得なのか?

新大阪~博多で使えるエクスプレス予約の商品は?

エクスプレス予約にはいろいろな種類のきっぷ(商品)があります。
では、大阪~福岡ではどのような商品を利用することができるのか?
全てご紹介しましょう!

1.EX予約

エクスプレス予約での通常予約はこの方法で、当日予約も可能です。
1人で乗車するならICカードを使い、2人以上で新幹線に乗るなら専用の発券機できっぷを受取ります。
料金は新大阪~博多は普通車指定席13,240円、グリーン車18,540円。
自由席に乗ることもできます。

2.EX早特

通常予約とは違い3日前までの予約が必要で、平日より土休日はさらにお得。
終日「のぞみ」の指定席・グリーン車の予約が可能。(「みずほ」「さくら」は利用不可)
新大阪~博多は平日なら普通車指定席11,780円、グリーン車15,380円。
土休日は普通車指定席11,000円、グリーン車14,600円。

3.EX予約サービス(往復割引)

エクスプレス予約と往復割引を併用するきっぷで、往復分の購入が条件。
当日に予約しても料金はお得で、普通車指定席12,070円、グリーン車17,370円。
往復割引乗車券とe特急券を別で購入する必要はありません。

4.e特急券

これまでご紹介した商品は全て特急券・乗車券がセットの商品です。
しかし、特急券は特急券のみの予約商品で、乗車券は別で購入しなければなりません。
ところが、これを使って、乗車券が往復割引&学割になるとお得!
学生はこれを使うとお得です。

 

このように大阪~福岡では、エクスプレス予約だけでもいくつかの選択肢があります。
では、どんな時にどれを使うとお得なのか?ケースごとにご紹介しましょう!

大阪~福岡でのお得なエクスプレス予約の使い方

大阪~福岡では、エクスプレス予約はどのように利用すればいいのか?
どの商品を利用するとお得なのか?ケースごとに考えてみましょう!

3日以上前ならEX早特がお得!

会員本人が1人で新幹線に乗る時、3日以上前までに予約ができるなら「IC早特」がお得。
通常の予約料金は13,240円ですが、EX早特なら平日11,780円、土休日11,000円です。
なお、14日前までに予約可能なら、EX早特よりもスーパー早特きっぷの方が安いです。

次に安いのはEX予約サービス(往復割引)

EX早特の予約が間に合わない場合、EX予約サービス(往復割引)が安いです。
条件はは往復分を同時に購入することですが、片道料金は片道12,070円なのでEX予約よりお得です。

片道のみ予約する場合は?

出発3日前を過ぎ、片道のみ予約したい場合はEX予約を利用します。
往復分の乗車券が必要でない時や、帰りの区間が違う場合、選択肢はEX-ICのみです。

宿泊する場合は?

行き先で宿泊する場合、エクスプレス予約を使ってもお得ですが、新幹線ホテルパックを使った方が安いです。
このような場合、大阪~福岡の新幹線料金は、新幹線ホテルパックが最も安いです。
大阪~福岡では、1人でも安いですが2人以上で往復する時、新幹線ホテルパックの料金は格安です。

「こだま」はさらに安い!
エクスプレス予約の選択肢を「のぞみ」のみでご紹介しました。
しかし、「こだま」に乗るなら「バリ得こだま・ひかり号」と新幹線ホテルパックがお得です。
この2つで「こだま」を利用すると、料金は格別に安いです。

 

関連記事

NO IMAGE

大阪~福岡の自由席料金と自由席のメリット

NO IMAGE

eきっぷ・e特急券のお得な使い方とは?

NO IMAGE

スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷが格安

NO IMAGE

大阪~福岡は新幹線の学割料金がもっと安くなる!

回数券・金券ショップの格安チケットはお得?

NO IMAGE

「バリ得こだま」が安い!料金重視ならこれ!