eきっぷ・e特急券のお得な使い方とは?

大阪~福岡で使える「eきっぷ」「e特急券」とは?

新大阪~博多の山陽新幹線はいくつかの方法で料金を安くすることができます。
その1つが、「eきっぷ」と「e特急券」。

ここでは、まず「eきっぷ」「e特急券」について簡単に解説。
これらをどう使うとお得なのか?また、使って得するケースと損するケースもご紹介します。

eきっぷとは?

「eきっぷ」とは、JR九州インターネット列車予約で購入できるネット限定の割引きっぷで、JQ CARD会員のみが購入することができます。
このきっぷは九州~関西の九州・山陽新幹線で利用することができ、当然新大阪~博多間でも利用することができます。
JQCARD会員であれば当日でも購入可能で、通常の乗車券と併せて利用しますが、乗車券は往復分同時に購入すれば往復割引になり、特急券・乗車券の両方が安くなるのでお得です。
新大阪~博多の料金は普通車指定席・自由席が3,630円、グリーン車は8,930円です。
参考:eきっぷ(公式サイト)

 

e特急券とは?

「e特急券」とは、エクスプレス予約会員のみが購入できる割引特急券。
通常、エクスプレス予約では特急券と乗車券をセットで予約し割引になります。
ところが、このe特急券は特急券単体での購入が可能で、乗車券は別で購入します。
eきっぷと同じく往復割引や学割の乗車券と同時に利用すると安くなります。
e特急券の料金はeきっぷと同額で、新大阪~博多は普通車指定席・自由席が3,630円、グリーン車は8,930円です。
参考:e特急券(公式サイト)

学生以外の会員の場合、「EX予約サービス(往復割引)」(片道12,070円)を使った方が、e特急券&往復割引(片道12,270円)より安いです。

eきっぷ・e特急券を使うメリット・デメリット

次に、このeきっぷ・e特急券を利用するメリット・デメリットを考えてみましょう。

メリットは?

eきっぷ・e特急券を使うメリットは、通常料金より確実に安くなること
普通車指定席を利用するなら片道2,070円、グリーン車なら2,730円安くなります。
さらに、往復割引や学割と併用すれば料金はさらに安くなります。
新大阪~博多の「のぞみ」「みずほ」普通車指定席通常料金は15,310円です。
この料金が、eきっぷ・e特急券を使えば13,240円
乗車券は往復割引で購入すると、片道の料金は12,270円
さらに学生なら学割を利用すると片道10,540円です。

 

デメリットは?

まず、eきっぷ・e特急券を利用するには、JQCARDもしくはエクスプレス予約会員に登録する必要があります。すでに会員の方は問題ありませんが、まだ会員でない方は事前に専用クレジットカードを入手しなければなりません。
さらに、eきっぷ・e特急券は特急券のみの商品なので、これだけでは新幹線に乗ることはできず、乗車券を別で購入しなければなりません
実際には、eきっぷ・e特急券はネットで予約・購入し、乗車券は駅の窓口等で購入しなければならないので、きっぷの購入には二度手間がかかります。
しかし、この手間があっても、料金は確実に安くすることができます。
なお、エクスプレス予約では2017年9月よりe特急券と往復割引乗車券を別で購入する必要なく、EX予約サービス(往復割引)で予約すると同じ効果が生じます。しかも料金は200円安いです。

 

 

ところが、通常料金と比べれば安くなるeきっぷ・e特急券も、使って得するケースと損するケースがあります。
どんなケースが得で、どんなケースが損なのでしょうか?

 

大阪~福岡で使って得するケースと損するケース

大阪~福岡では、「eきっぷ」「e特急券」以外にも安く新幹線に乗れる方法があります。
では、「eきっぷ」「e特急券」を使って得するケースと損するケースとはどんな場合なのか、いろいろなケースを想定してご紹介しましょう。

当日・前日にきっぷを購入する場合

当日・前日にきっぷを購入する場合も、往復割引と学割を併用するならeきっぷ・e特急券はお得です。
学生以外のエクスプレス予約会員の場合、往復割引を併用すれば片道料金は12,270円ですが、EX予約サービス(往復割引)を使った方がお得です。

3日以上前に購入する場合
3日以上前にきっぷを購入するなら、eきっぷ・e特急券よりお得な方法があります
例えば、エクスプレス予約の「EX早特」はeきっぷ・e特急券より安いです。
eきっぷ・e特急券と往復割引を使っても片道12,270円ですが、EX早特なら平日11,780円、土休日なら11,000円です。

eきっぷ・e特急券と往復割引・学割の併用はお得?
きっぷ購入時期によっては、これよりも安いきっぷがあります
eきっぷ・e特急券と往復割引・学割を併用すると普通車の料金は10,540円です。
ところが、大阪~福岡は「スーパー早特きっぷ」を購入すれば10,290円で新幹線に乗ることができます。
14日前までの購入が必要ですが、学生であっても料金はこちらの方がお得です。

途中下車する新幹線旅行は?

途中下車する新幹線旅行ではeきっぷ・e特急券を使うとお得です。
途中下車すると、乗車券は有効期間内は有効ですが、特急券は無効になってしまいます。
最初から途中下車する予定があるなら、eきっぷ・e特急券を有効に活用しましょう。
例えば、大阪から広島へ行き、広島で下車して翌日福岡へ行く新幹線旅行の場合、乗車券は大阪~福岡で購入します。
そして、e特急券を新大阪~広島、広島~博多と分けて購入するとお得です。
なお、乗車券は大阪~福岡の往復分を最初に買っておくと往復割引になるのでお得です。

片道のみ新幹線を利用する場合は?

片道のみ新幹線を利用し、片道は飛行機を利用する場合など。
片道での新幹線利用時には往復割引を利用することができません。
このeきっぷ・e特急券は往復割引や学割を併用することで料金的にお得です。
片道だけならエクスプレス予約の早特はさらに安く、通常予約とも料金は同額です。
片道のみの場合、あまりeきっぷ・e特急券を使う理由はありません

eきっぷ・e特急券で「こだま」に乗ってもお得?

新大阪~博多の「こだま」にはeきっぷ・e特急券で乗ると損します
学生が往復割引とeきっぷ・e特急券を使っても「こだま」は10,540円にしかなりません。
ところが、新大阪~博多の新幹線料金は「こだまスーパー早特きっぷ」なら片道8,500円
「バリ得ひかり・こだま号」を使うと片道7,200円~7,300円です。

宿泊する新幹線旅行の場合は?
こちらのページでも比較していますが、大阪~福岡を新幹線で往復し行き先で宿泊する新幹線旅行では、eきっぷ・e特急券を使うと損します
eきっぷ・e特急券と往復割引を使って大阪~福岡を往復すると25,540円です。
これに1泊5,400円の宿泊料金を合わせると往復・1泊で29,940円です。
ところが、この内容を新幹線ホテルパックで予約すると、往復・1泊で25,800円なので、eきっぷ・e特急券より4,000円以上安いです。

 

関連記事

NO IMAGE

往復割引を大阪~福岡の新幹線で使うとお得?

NO IMAGE

大阪~福岡の自由席料金と自由席のメリット

NO IMAGE

エクスプレス予約を使うならJ-WESTカードで!

NO IMAGE

新大阪~博多でスマートEXを利用した時の料金は?

NO IMAGE

大阪~福岡は新幹線の学割料金がもっと安くなる!

回数券・金券ショップの格安チケットはお得?