新大阪~博多で使える新幹線の早割はこれ!

大阪~福岡の新幹線にも早割が多い!

「大阪から福岡へ、福岡から大阪へ行くことが決まった」
「ところで、新大阪~博多の新幹線には早割はないのか?」
という方へ、大阪~福岡の山陽新幹線で使える早割を全てご紹介します!

全国の新幹線にはいろいろな早割きっぷがあります。
しかし、「早特きっぷ」などわかりやすい名前が付いていれば簡単に探すことができますが、「早割」という名前が付いていなくても、早く購入すると安くなる方法もあります。

そこで、ここでは、名称に限らず大阪~福岡で早く予約すれば安くなる方法のみをご紹介します。

では、早速、大阪~福岡で使える早割をご紹介しましょう!

1.スーパー早特きっぷ

JR西日本ネット予約「e5489」から購入できる早割きっぷ。
購入期限は乗車の1ヶ月前から14日前までで、J-WESTネット会員への登録が必要です。
このきっぷで乗れる新幹線は「のぞみ・みずほ・さくら」などの普通車指定席。
これと同じ名称のきっぷをJR九州インターネット列車予約から購入することもできます。
新大阪~博多の片道料金は10,290円
「のぞみ」通常料金が15,310円なので、片道5,020円お得です。
参考:スーパー早特きっぷ(公式)

2.こだまスーパー早特きっぷ

同じくe5489からJ-WESTネット会員登録後に購入することができます。
購入期限は同じで、乗車の1ヶ月前から14日前まで。
こだまスーパー早特きっぷで乗れるのは「こだま」普通車指定席のみです。
新大阪~博多の片道料金は8,500円で、「こだま」通常料金15,000円よりも6,500円お得です。
参考:こだまスーパー早特きっぷ(公式)

>>スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷの詳細はこちら

3.バリ得こだま・ひかり号

日本旅行が販売する山陽新幹線「こだま」に格安に乗れる「バリ得こだま」。
早割っぽい名前は付いていませんが、早めの購入で安く新幹線に乗ることができます。
購入期限は、ネット予約なら1ヶ月前から3日前の15時まで、店舗では前日まで購入可能です。
このチケットで乗れるのは「こだま」と限定された「ひかり」で、普通車指定席の他、「ひかり」はグリーン車に乗ることもできます。
料金は新大阪~博多の普通車指定席7,200円、ひかりグリーン車7,700円。
時期によって料金が変わることがありますが、この区間ではこれが最も安いです。

>>バリ得こだま・ひかり号の詳細はこちら

4.エクスプレス予約

会員限定で東海道・山陽新幹線を安く予約できるエクスプレス予約。
その中に、早めの予約で通常の予約(普通車指定席13,240円)より安くなるきっぷがあります。
3日前までの予約で普通車指定席・グリーン車に安く乗れる「EX早特」。
平日に利用しても安いですが、土日祝はさらに安くなります。
新大阪~博多は普通車指定席が平日11,780円、土日祝11,000円。
新大阪~博多では「EX予約サービス(往復割引)」も利用できますが、EX早特の方が安いです。

>>エクスプレス予約の詳細はこちら

以上が、大阪~福岡の新幹線に乗るときに、早く購入して安くなる方法です。
全て片道単位で予約・購入することができます。

しかし、片道でなく往復の料金を比較すると、新幹線ホテルパックも安いです!
参考:大阪~福岡(博多)の新幹線※最も格安な往復方法とは?

大阪~福岡の往復なら新幹線ホテルパックも安い!

大阪~福岡の新幹線で使える早割きっぷをご紹介しました。
しかし、片道ではなく、往復+宿泊の料金で考えると、料金が格安な新幹線ホテルパックを忘れてはいけません。

新幹線ホテルパックは3日前までの予約が必須!
この予約期限を過ぎると格安パックを利用することはできません。
(大阪・福岡なら「パッと乗レール」で予約し店舗でチケットを受取れば2日前でもOK)

しかも、この新幹線ホテルパックにも早割があります。
元々料金は安いので、早割で大幅に安くなることはありませんが料金はお得です!

では、新幹線ホテルパックを利用した場合と、早割きっぷを使った場合ではどちらがお得なのか?
博多発~大阪行き「のぞみ」の普通車指定席の料金で比較してみましょう!

「のぞみ」料金が安いのは?

「のぞみ」を利用することができる早割の中で最も安いのは「スーパー早特きっぷ」。
片道10,290円なので、往復で利用すれば20,580円。
大阪市内で1泊5,800円のホテルで宿泊すると、往復・1泊の合計は26,380円。
これと同じホテルに泊まる早割のパックを探してみると、往復・1泊で26,100円。
わずかですが、宿泊するなら新幹線ホテルパックの方が安いです。

では、大阪~福岡の往復で早割を使いたい場合、どんなケースでどの方法を利用すればいいのでしょうか?

大阪~福岡ではどの早割を選べばいい?

往復+宿泊の旅行ならどれ?

往復+宿泊の新幹線旅行なら新幹線ホテルパックが安いです。
1人での往復なら「スーパー早特きっぷ」の方が安いこともありますが、2人以上の旅行ならまず新幹線ホテルパックが最も安いので、3日前までに予約しましょう!
なお、新幹線ホテルパックは早めに予約した方がキレイで広いお得なホテルを利用することができます。

料金最優先ならどれ?

料金最優先なら「こだま」に乗ると安いです。
その中でも、大阪~福岡は「バリ得こだま」が最も安いので3日前までに予約しましょう。
なお、「ひかり」のグリーン車は500円アップで乗れるのでお得です!
また、宿泊を予約する必要があるなら新幹線ホテルパックも安いですが、2人以上での予約が必要です。

片道のみで安いのはどれ?

片道のみで「のぞみ」に乗るなら「スーパー早特きっぷ」が最も安いです。
「こだま」なら「バリ得こだま」が最も安いです。

14日前までに予約するならどれ?

2人以上で宿泊するなら新幹線ホテルパックが最も安いです。
1人または片道なら、「のぞみ」が安いのは「スーパー早特きっぷ」。
「こだま」なら「バリ得こだま」が最も安いです。

前日でも予約・購入できるのは?

前日に購入して安くなるのは「バリ得こだま」しかありません。
しかも、店舗での購入が必要です。

 

関連記事

NO IMAGE

新大阪~博多の片道料金を比較!片道の最安値は?

NO IMAGE

大阪~福岡をグリーン車で格安に往復するには?

NO IMAGE

新大阪~博多で「みずほ・さくら」料金が安いのは?

NO IMAGE

山陽新幹線の列車・停車駅・時刻ときっぷ購入方法

NO IMAGE

大阪~福岡の新幹線料金を「こだま」限定で比較!