山陽新幹線の列車・停車駅・時刻ときっぷ購入方法

山陽新幹線の列車基本情報

新大阪~博多の山陽新幹線。
山陽新幹線は、東海道新幹線とも九州新幹線ともつながり、両方の列車が走行しています。

ここでは、山陽新幹線の列車基本情報(列車の種類・車両編成など)について詳しくご紹介しましょう。

 

列車

山陽新幹線区間で運行するのは、東海道新幹線と共通の「のぞみ」「ひかり」「こだま」、九州新幹線と共通の「みずほ」「さくら」。
この5列車が運行しています。

車両編成

東海道新幹線区間(東京~新大阪)は、基本的に全列車が16両で編成されています。
ところが、この山陽新幹線区間では、「のぞみ」以外は16両と8両編成の2通り。
では、列車ごとに車両編成をご紹介しましょう。

のぞみ

「のぞみ」はすべてが16両編成で、自由席は1~3号車、グリーン車は8~10号車。
その他10両が普通車指定席です。
基本的にN700系での運行で喫煙車はありませんが、列車内に喫煙ルームがあります。

ひかり・こだま

「ひかり」「こだま」の運行は16両または8両編成。
列車は700系・N700系・ひかりレールスター・500系など。
16両編成の場合、「ひかり」は1~5号車までが自由席、「こだま」は1~7号車と13~15号車までが自由席です。
8両編成の場合、半分以上は自由席で、普通車指定席残りは普通車指定席ですが、グリーン車がない車両もあります。

みずほ・さくら

「みずほ」「さくら」の運行はN700系の8両編成です。
1~3号車が自由席、グリーン車は6号車の一部、その他は普通車指定席です。
普通車指定席は東海道新幹線の列車とは違い、2列×2列の座席配置です。

所要時間と停車駅

山陽新幹線区間(新大阪~博多)は、利用する列車で所要時間が変わります。
最も早いのは「のぞみ」と「みずほ」「さくら」で、新大阪~博多の所要時間は2時間30分前後。
停車する駅は、新大阪・新神戸・岡山・広島・小倉・博多と姫路・福山・新山口などわずか。
次に早いのは「ひかり」ですが、1日に2~3本のみの運行で、停車駅は「のぞみ」より多く、所要時間も3時間30分くらいです。
所要時間が長いのは「こだま」で、各駅に停車し新大阪~博多間は約4時間。

始発・最終と時刻表

新大阪駅からの始発は6:00発の鹿児島中央行き「みずほ」。
最終は9:26発の博多行き「のぞみ」。
博多発の始発は6:08発の東京行き「のぞみ」、最終は21:09発の新大阪行き「みずほ」。
時刻表は新大阪駅博多駅でそれぞれ確認することができます。

山陽新幹線のきっぷ購入方法

山陽新幹線のきっぷ購入方法をまとめて簡単にご紹介しましょう。

まず、駅や旅行会社の窓口と、新幹線の駅にある券売機できっぷを購入することができます。
駅や旅行会社の窓口では、往復割引・学割などの割引きっぷや、JRが販売する割引きっぷを購入することができます。

通常料金より安いきっぷを購入するなら、ネットでの予約・購入が必要です。
例えば、エクスプレス予約を利用すると、会員限定で格安なきっぷを購入することができます。
特に早めに予約すると安く大阪~福岡間を移動することができます。
また、e5489やJR九州インターネット列車予約を利用しても、会員限定の格安きっぷの購入が可能です。

JR西日本では山陽新幹線のきっぷを電話で予約することができましたが、平成29年9月で電話予約のサービスは終了。
山陽新幹線のきっぷは、駅・旅行会社の他にはネットで予約・購入します。

なお、金券ショップでも回数券などの割引きっぷを購入することもできます。

 

関連記事

NO IMAGE

新大阪~博多で「みずほ・さくら」料金が安いのは?

NO IMAGE

新大阪~博多で使える新幹線の早割はこれ!

NO IMAGE

新大阪~博多の片道料金を比較!片道の最安値は?

NO IMAGE

大阪~福岡の新幹線料金を「こだま」限定で比較!

NO IMAGE

大阪~福岡をグリーン車で格安に往復するには?